hito1hito2hito3
TOP > 応用練習 > りょこうの しゃしん

応用練習「りょこうの しゃしん」

概要

5課と6課で習った「どこへ」「どこで」「いつ」「だれと」「なんで」「なにを」を定着させるための練習をします。練習に旅行の写真を使いますので、学習者に何枚かの写真を持って来させてください。

ステップ1 写真を見せて会話する

学習者をペア(二人組み)に分けて、持ってきた写真を見せながら、会話させます。ここではモデル会話といった定型に当てはめさせるよりも、比較的自由に話させた方が良いと思います。質問や会話例などを示しておくのも良いと思います。

ただ、形容詞が使えるようになってから練習する場合は、「おもしろそうですね」と言うべきところも「おもしろいですね」と言ってしまいますので、間違いが定着しないような練習に限定できるよう注意してください。

┏━━━━━━━━━【 質問 】━━━━━━━━━┓
 ・どこへ いきましたか。
 ・いつ いきましたか。
 ・だれと いきました。
 ・なんで いきましたか。
 ・なにを みましたか。
 ・なにを たべましたか。
 ・なにを かいましたか。

┏━━━━━━━━【 会話の例 】━━━━━━━━┓
  A:[日にち](に) [人]と [場所]へ いきました。
   :[場所]で [何]を みました。
  B:そうですか。わたしも [場所]へ いきました。
  A:そうですか。
  B:Aさんは なんで いきましたか。
  A:[乗り物]で いきました。
  B:[観光名所]も みましたか。
  A:はい、みました。
   :わたしは そこで [物]を かいました。

ステップ2 ペアを代えて会話

ステップ1の内容を、ペアを代えて練習します。同じ旅行の話でも、回を重ねるごとに流暢になるはずです。教師も皆の写真を見て、お城や神社のような単語を板書しておくと良いです。

ステップ3 確認または発表

学習者の写真を適当に集めて、皆がちゃんと聞き取れたか確認します。

┏━━━━━━━━【 確認例 】━━━━━━━━┓
 ・これは誰の写真ですか。
 ・○○さんは どこへいきましたか。  など

また、確認の替わりに、学習者に発表させるのも良いです。何度か練習した後ですので、よどみなく旅行内容を紹介できると思います。

サイト内検索
コンテンツ

みんなの日本語の単語

要点をまとめたハンドアウト

みんなの日本語の文型と教案

応用練習の内容と方法